沖縄 | KURAGE online

沖縄 | KURAGE online

「 沖縄戦 」 の情報 

沖縄戦の壕で発見の遺骨 8遺族がDNA鑑定を申請

今年3月に沖縄県糸満市内で見つかった沖縄戦の戦没者とみられる遺骨について、8の戦没者遺族が厚生労働省に対してDNA鑑定の実施を求めること

「軍隊は住民守らない」 司令官の孫が伝え続ける沖縄

その沖縄戦を率いた沖縄守備軍の牛島満司令官を祖父に持つ貞満さんは四半世紀、沖縄に通い続けています。満が自決前に下した命令によって、住民の

母の遺品から「捕虜カード」見つかる 沖縄戦で米軍が記録 「女性は非常に知的。部隊の動きを知って ...

沖縄戦で米軍の捕虜となった住民に対し、氏名や捕虜になった場所・時期など個への尋問を記録した「捕虜カード」が、沖縄読谷村で見つかった

(みちのものがたり)沖縄戦、南部撤退の道 沖縄県 司令官の孫、「答え」探して

7月、私は沖縄戦を率いた旧陸軍第32軍(沖縄守備軍)司令官、牛島満中将(1887~1945)の孫貞… この記事は 会員記事です。 こちらは

沖縄戦の「特攻」知って 無謀な作戦の実態紹介 来月5日から横須賀で展示会 /神奈川

佐久間さんは調査の成果を「秋水展」として定期的に発表してきた。5回目となる今回の開催にあたり、20万が命を落としたとされる沖縄戦(

沖縄戦と首里城】古堅実吉さん証言 後編

75年前の沖縄戦でも焼失し、再建まで半世紀近くかかったこともあり、去年の火災は沖縄々に大きな衝撃を与えた。 その地下に巨大な地下壕(

命つないだガマ、再公開を 地元「沖縄戦の伝承に」

太平洋戦争末期の沖縄戦で住民が避難した沖縄県糸満市のガマ(自然洞窟)を巡り、管理する県が崩落の恐れなどの危険を理由に立ち入りを禁止し、

沖縄戦で住民避難のガマ、県が立ち入り禁止に 「子や孫のため」住民が公開求める

沖縄戦で地元住民が避難した自然洞窟「マヤーアブ」の手前に設置されたフェンス。ガマの入り口も見えず、仲門保さんは「これでは戦争の被害が

Copyright© 沖縄 | KURAGE online , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.